DJI Air 2S


DJI Air 2S

イメージング システム

この大きな世界を、大型センサーで

DJI Air 2Sは、1インチ イメージセンサー、2.4μmの大きなピクセルサイズといった特長を持ち、5.4K/30fpsや4K/60fpsの動画撮影に対応しています。どのような瞬間も、透明感あふれる色あざやかな瞬間として捉え、素晴らしい映像を記録します。


夜景を美しく

薄暗い環境でも、世界の魅力的な風景を撮影しましょう。
HDR(ハイダイナミックレンジ)、高解像度、正確な色再現性といった特徴により、たとえ低照度の環境下でも、シャープで鮮やかな色合いを再現します。[2]

10億を超える色表現。
撮影シーンの色合いを余すことなく表現できるため、まるでその場にいるような錯覚に陥るかもしれません。10ビット Dlog-M カラープロファイルにより、約10億色を記録でき、細部に至るすべての色情報を保持し、印象に残る映像を撮影します。

RAW撮影。
最大12.6ストップのダイナミックレンジでRAWフォーマットの写真を撮影できるため、照明条件が悪い場合や撮影環境が複雑な場合でも、すべてのシーンでより多くの画像情報を捉えることができます。これにより、後処理工程で柔軟な対応が可能になり、クリエイターの求める表現を実現できる可能性が広がります。

インテリジェントHDR技術 により、複数枚の撮影画像を自動的に合成し、後処理をせずに、画像のダイナミックレンジを拡大します。これにより、ハイライト部分とシャドウ部分の絶妙な色合いまで再現でき、画面全体に奥行きが生まれ、より豊かな表現が可能になります。


ハイパーラプス & パノラマ

時間と動きが早送りされるハイパーラプス映像は、ワンタッチで撮影でき、印象的な映像を簡単に作成することができます。
パノラマ撮影は、目の前の風景を、より大きく、より詳細に捉えることができます。

  • ハイパーラプス
  • 広角
  • 180°
  • スフィア


自律飛行による撮影

新機能マスターショット

好評のクイックショットがさらに進化し、高度インテリジェント機能としてマスターショットが誕生。ボタンをタップするだけで、どんな場所でも最高のショットを撮影します。被写体を選択すると、その被写体をフレームの中心に捉えたまま、ドローンは10種類の異なるパターンの飛行動作を順番に実行しながら撮影。その後、映画のような短編動画を生成します。

  • ポートレート
  • 近距離
  • ランドスケープ

被写体をしっかりフォーカス

Spotlight 2.0、ActiveTrack 4.0、およびPoint of Interest 3.0からなる
フォーカストラックにより、DJI Air 2Sは簡単に被写体を追いかけたり、
被写体のまわりを周回しながら飛行することができます。

・Spotlight 2.0
らせん状に飛行したり、被写体に向かって近づいていくように飛行したりしても、常に被写体を中心に捉え続けます。ズーム機能を使えば、より安全な距離を保ちながら、クリアな映像を撮影することもできます。

・ActiveTrack 4.0
自動的に障害物を回避しながら、被写体をスムーズに追跡します。
飛行中、被写体を一瞬見失ったとしても、すぐにトラッキングを再開できます。

・Point of Interest 3.0
被写体を中心に捉えたまま、完璧なサークルショットを簡単に撮影することができます。


安全に、より楽しく

障害物検知

DJI Air 2Sは、上方/下方/前方/後方の4方向にセンサーがあり、空間を認識することができます。高度操縦支援システム (APAS 4.0) のアルゴリズムがさらに進化し、DJI Air 2Sでは複雑な環境や高速での飛行時などでも障害物を能動的に回避できます。

O3映像伝送

DJI Air 2Sは、DJI最先端のO3 (OcuSync 3.0) 映像伝送技術を搭載し、どのような飛行環境でも、非常になめらかで信頼性の高い映像伝送を提供します。

  • 12km 最大動画伝送距離 [1]
  • 1080p 伝送 [3]
  • 4アンテナ 2.4/5.8 GHz デュアル周波数帯 [4]

ADS-Bシステムで、より安全な空に

DJI Air 2Sは、業界をリードする安全システム AirSenseにより、空域の安全性をさらに高めます。このシステムは、付近を飛行中の航空機やヘリコプターから発せられるADS-B(放送型自動位置情報伝送)信号で飛行位置情報を受信し、DJI Fly アプリでそれらの位置を地図上に表示して、音声と視覚の両方で警告します。そのため、進路を妨害しないように機体を遠ざけることができます。

豊富なアクセサリー

Air 2Sの性能を、最大限に多彩なアクセサリーを使って、様々な空撮にチャレンジしよう。

Fly More

Fly More コンボには、バッテリー充電ハブ、ショルダーバッグ、NDフィルターセット、インテリジェント フライトバッテリーなど実用的なアクセサリーが同梱。旅先での撮影の制限を低減し、創造性を最大限に発揮できます。

  • 機体× 1
  • DJI RC-N1 送信機× 1
  • インテリジェント フライトバッテリー× 3
  • バッテリー充電器× 1
  • AC電源ケーブル× 1
  • 低ノイズプロペラ(1組)× 6
  • ジンバル プロテクター× 1
  • Type-Cケーブル× 1
  • RCケーブル(USB Type-Cコネクター)× 1
  • RCケーブル(Lightningコネクター)× 1
  • RCケーブル(標準Micro-USBコネクター)× 1
  • DJI RC-N1 操作スティック(1組/予備)× 1

— 下記コンボのみの同梱物 —

  • NDフィルターセット (ND4/8/16/32)× 1
  • バッテリー充電ハブ× 1
  • バッテリー – パワーバンク アダプター× 1
  • ショルダーバッグ× 1
  • DJI Care Refresh (1年版) (DJI Air 2S)× 1


——–

◆NDフィルター

NDフィルターセット(ND 4/8/16/32やND 64/128/256/512)を使用すると、撮影の柔軟性が向上し、あらゆる照度環境に対応できます。[5]

◆DJIスマート送信機

パワフルな性能を持つこのスマート送信機は、5.5インチ1080pの高輝度ディスプレイを内蔵。DJI GO 4やDJI Flyアプリと互換性があり、サードパーティ製のアプリのインストールにも対応しています。


——–

注記:

このページに記載されている数値は、すべて製品版のDJI Air 2Sを使用して、制御された試験環境下で測定された参考値です。実際の値は、飛行環境、使用方法、ファームウェアのバージョンによって、結果が異なる場合があります。
** 本ページに記載されている全ての動画および写真は、現地の法規制を遵守して、撮影されたものです。
*** フォーカストラックは次の条件での撮影では使用できません:5.4K/30fps、5.4K/25fps、5.4K/24fps、4K/60fps、4K/50fps、4K/48fps、2.7K/60fps、2.7K/50fps、2.7K/48fps、1080p/120fps、1080p/60fps、1080p/50fps、1080p/48fps。フォーカストラックは、5.4K動画撮影時は選択できません。
**** APAS 4.0は次の条件での撮影では使用できません:5.4K/30fps、5.4K/25fps、5.4K/24fps、4K/60fps、4K/50fps、4K/48fps、2.7K/60fps、2.7K/50fps、2.7K/48fps、1080p/120fps。

  1. 障害物や電波干渉がなく、FCCに準拠している場合(日本国内では、最大8 km)。最大飛行距離の仕様は、無線の接続強度とレジリエンス(復元力)を踏まえた概測になります。
  2. 必ず現地の法律および規制に従い、許可がない限り、目視範囲内でドローンとその周囲を常時監視して飛行させてください。
  3. このページに記載されている数値は、すべて制御された試験環境下で測定された参考値です。条件により結果は異なる場合があり、実際の製品での体験を参考にしてください。
  4. 日本を含む一部の国では、現地の規制により、5.8 GHzでの伝送機能は利用できません。
  5. Fly Moreコンボには、低ストップNDフィルター (ND 4/8/16/32)が同梱されています。高ストップNDフィルター (ND 64/128/256/512)は別売りです。